カラフルな家の板

リノベーションで新築よりも魅力的なお家に変身

東京23区に接近した位置

一軒家

都心への通勤の便が良い

ひばりヶ丘は東京23区に最も近い、西東京市に所属しています。高度成長の時代に団地が開発されて、ひばりヶ丘の名前が名づけられました。鉄道のアクセスが良いことによって不動産の価値が上昇して、駅前の開発が進みました。最近は鉄道の都心への乗り入れが出来るようになったので、利便性は格段に向上しています。工場の跡地の開発によって、中高層のマンションの増加が顕著になっています。ひばりヶ丘は東京23区では、農地の一番多い練馬区に隣接しているため、不動産の開発余地が練馬区同様に多くなっています。高度成長の時代に開発されたひばりヶ丘団地は老朽化したため、人事建て替えが実施され、新住民の流入も増加して街の若返りが図られています。とても住みやすい環境になってきているため、検討してみると良いでしょう。

商業施設も充実

日本は少子高齢化の影響で人口は減少していますが、首都圏では依然として人口の流入による人口増が進んでいます。特に都心は土地価格の上昇や建設費の高騰によって、住宅が手に入りにくくなっておりますので、ひばりヶ丘は今後の開発余地があるので、不動産業者の注目を集めています。ひばりヶ丘は現在もマンションの建設や駅前の商業施設の整備によって、人口の増加が顕著となっています。鉄道の相互乗り入れによって、ひばりヶ丘から神奈川県までアクセスが格段に向上しました。結果として一部では不動産価格の上昇が見られますが、それでも住宅の売れ行きに問題はありません。これら不動産価格の上昇が一過性で留まれば、交通アクセスの向上の恩恵を受けて、今後もひばりヶ丘は住宅としてもポテンシャルを上げることが見込まれています。